沖縄旅行記2006 前編

今年も沖縄に家族で行くことが出来た。有り難いことである。

もちろん問題がないわけではない。何が問題て、金に決まっている^_^;。何事もお金がないと始まらない。しかし僕の病気以来、もちろん我が家には余分なお金はない!!
そう言うと「でも本当は余裕があるんだろ?沖縄に家族で行けるなんて豪勢じゃん。」とお思いの方もいらっしゃることだろう。そりゃそうだ、僕も去年まではそう思っていた。

ところが沖縄って思ったより安く行けるのだ。安いと言っても1万2万円と言うわけではないが・・・^_^;。だからお金を貯める努力はもちろん必要だ。が、普通の長期旅行よりはその努力は少なくていいような気がする。家族で一泊旅行に二度行くより、沖縄3泊4日の方が安上がりかもしれない。
信じられないかもしれないので、今回の旅行はいくらかかったかすべてチェックしてみた。



まずはどこの旅行会社にするか。ここ、一番肝心かもしれない。
大きい会社は色んな心配も要らないが料金も高い。聞いたこともないような会社には随分安いツアーがあるが心配だ。しかしここは背に腹は替えられぬ。安いツアーを選択。
僕たちの選択は沖縄ツーリスト
福岡発着にリンクしているので見てもらいたい。上部の方の沖縄本島リゾートホテルをクリックしていただくと、安い順にホテルが並んでいる。ちなみにこれを書いている今の時点で2泊3日25,900円と言うのが一番安い。もちろん飛行機、レンタカー、宿泊費の料金だ。滞在中の食費があればこれだけでいいという料金。いわゆるポッキリだ(^^ゞ。これだったら行けそうな気がしてきたでしょう?
詳しい事は後編で書きます。たぶん沖縄って行きやすいなぁと感じてくれる人が多いと思う。



さっそく沖縄旅行記を始めよう。






初日

そういうわけで今年も沖縄へ。週間天気予報では今年の天気も良くないようだ。日頃の行いが悪いのか?誰の日頃の行いが悪いんだよ、などと人のせいにして福岡空港へ向かう。

唐津から二丈バイパス、福岡都市高速を通って福岡空港へ。所要時間は一時間半弱。高速代、660円。障害者手帳があるので半額だ。
空港のすぐ近くの駐車場に車を停める。駐車場代、一日1,000円。3泊4日なので4,000円の前払い。残念ながら障害者割引なんてない(^^ゞ。

予定では11時40分のANA。ちょうどお昼は飛行機で空の上だ。せっかく沖縄に行くのだから、少し遅くなっても沖縄で昼食を食べようと思っていた。で、空港の売店で軽くお腹に入れるものを買った。これが2,000円。

ところが飛行機が遅れる。30分遅れる。また遅れる。
結局飛行機が飛んだのは1時くらい。沖縄に着いたのが3時前・・・。超腹減り!!
取り敢えず空港近くのレンタカー屋さんが迎えに来てくれているのでレンタカー屋へ向かう。ここで保険の免責とやらで6,300円払う。



遅く着くは雨だは、どうしようもないねと予定をすべてキャンセルしてホテルに向かう。4時過ぎにホテルの近くに着いたのだが、まだまともな食事をしていないのに気付き、ホテルの近くの食堂へ向かう。元祖でぶやに出ていたすべてが大盛りの『なじみ食堂』。これがたまたま僕らの宿泊するホテルのすぐ近くだった。

早速注文。注文した頃はだいぶ飢えていた^_^;。飢えが料理を美味しくするスパイスでもあるのだが・・・。

僕と息子が注文したのはソーキそば(写真左)。別に小さな丼ではない。普通の丼に山盛りのソーキ。肉好きの息子もギブアップ寸前だった。娘の注文は肉そば(写真右)。こちらも山盛りの肉。


奥さんはAランチ、800円。これは鶏のモモの唐揚げにでっかいハンバーグにでっかいトンカツ。スープもついて800円と言うのが理解出来ない。奥に写っているのは奥さんの手、比べると大きさが分かるでしょ?
僕も横から頂いたけど、どれも普通の味だった。「こりゃ美味い!」というわけではないが、これが全部で800円というのに文句を言う奴がいるのか?

空港で軽く食べようとかったサンドウィッチ二個とペットボトル二本で2,000円。この『なじみ食堂』で4人分が2,600円。満足度200%で2600円というのがすごい。
沖縄そばも味だけでいうと落ちる面もあるのだが、安いお金でガッツリという向きには満足な店だろう。と言うか、あの量でこの値段、文句をつけようがない。




食事後はデザート。ガッツリ食べた後もデザート。

『なじみ食堂』の近くのぜんざい屋さん『富士家』。僕と奥さんがぜんざい。息子と娘はカキ氷。
ここのぜんざいは煮豆と氷が別々で出てくる。沖縄のぜんざいは普通煮豆の上にカキ氷が乗っているものをぜんざいという。別々も食べやすいといえば食べやすい。

僕は去年初めてぜんざいを食べて以来、この煮豆にくびったけだ。金時豆を黒糖で煮たものらしいのだが、黒糖は控えめ、ものすごく上品な甘さなのだ。上品じゃないな、自然な甘さなのだ。黒糖好きにはたまらん!これが作る人で随分味が違っていて、煮豆の味でぜんざいの味も店で違うのだ。
だから今年の沖縄は沖縄そばとぜんざいを食いまくる!と決めていた。

カキ氷は好きなだけ蜜を自分でかけられるようになっていた。娘はボトルの半分くらいかけていた。止めなければもっとかけていたと思う^_^;。
ここは4人分で1,020円。何を食べても沖縄は安い。安いけど美味いんだ、これが。




さて、毎土日の夜に開かれているハンビーナイトマーケット。雨に日は中止らしい。今年は駄目だろうな、と諦めかけていたら、夕方くらいから雨が上がった。
ホテルの人に聞いてみると、行って見なければわからないという返事。それならば行ってみようと行くとぼちぼち店が出始めていた。ラッキー!!まだまだ神に見放されていない。

左はマーケット内の食べ物の出店。チーズパイが美味い。けど100円。結構大きい。
左の写真は息子。去年の旅行記の息子と比べると、なんか悪いものでも喰ったんじゃないかと思うくらい変わってる^_^;。最近読んでいる本は『メンズノンノ』だったりする。たった一年で変わるもんだなぁ。

ここではケーキとかパイで2,500円くらい使う。夜中にケーキとかチーズパイとか食ってていいのか?という疑問もあったが、ここは沖縄、気にするな!というのが結論(^^ゞ。

息子と娘はお年玉で自分の服を買っていたが、ここには載せない。

ということでこの日は19,080円




二日目


2日目は曇りがちだが晴れ間もあるという予報。ところが朝から良い天気。沖縄では初めてじゃないかというくらい天気が良くて気温も高い。朝の天気予報では27度くらいまで上がるといっていたが、30度近くまで上がったような気がする。とても暑い日だった。


朝ホテルのバルコニーから撮影。ホテル前のこのビーチはサンセットビーチというらしい。つまり西側なので朝は日が当たらない。日が当たり始めると海の色がコバルトブルーやらマリンブルー、エメラルドブルーに見えたりする。ああ、南国の海だ!去年見ることが出来なかった海が目の前に広がっている。これだけでも今年沖縄に来た甲斐があるというものだ。


朝食は7時から。自宅でこんなに早く食事をすることはない。だけど旅では時間がもったいないので早く起きて早く食事を済ませて早く遊びにいく。

激安ツアーとてちゃんと朝飯付き。みんなと同じバイキングが頂けます。ここのバイキング、素材がいいのだろうなと想像が付く。つまり美味しい。ただ種類が少ないのが残念。毎日少しずつメニューは変わっていたので飽きることはなかった。

朝から具がない沖縄そばが美味しかった。沖縄そばってアッサリしているのにコクがある不思議な食べ物。だから朝、昼、晩の食事でも大丈夫。二日酔いの朝なんかよさそうだなぁ。僕は酒は飲めないのですがね・・・^_^;。




とっとと食事を済ませて良い天気の中お出かけ。

2006年沖縄一発目は、古宇利大橋。ここは古宇利島と屋我地島を結ぶ、一般道としては日本最長の橋。2Kmくらいあるらしい。ちなみに通行料無料。

もうね、天気が良いせいか、海の色がめちゃくちゃ綺麗!!その綺麗な海の上を2Kmも走るのよ、これはすごい。2Kmも橋を渡るというだけでも異次元体験なのに、その橋の下はエメラルドの海というんだからすばらしい体験だった。

橋の横に歩道もある。歩いて渡りたいな、とちょっと思った。もちろん歩けないから車椅子で。来年は1,850mくらい過ぎたところで車を降ろしてもらって150mくらい車椅子で動いてみるか。もう来年も行くつもりだ・・・(^^ゞ。
それにしても本当に綺麗な海でした。ここはまたゆっくり来たい、半日くらいここでゆっくりしたいなと思った。


島に渡って撮影。海の色が綺麗でしょ?



島に渡ってすぐに道の駅がちゃんとあった。もちろん車椅子用のトイレもある。有り難い。

トイレついでに覗いてみると、見たこともないような手作りのお菓子がある。これはやはり食べなければいけない。値段も土産屋さん価格ではなく安い。海ぶどうも大量に入っているのに安い。これはホテルで食べるのに買っていこう。この海ぶどうはホテルで食べたのだけれども、プチプチと美味しかった。

娘が夢だったヤシの実ジュースもあったので、これも頂く。娘の感想は、夢でみたほど美味しくなかったそうだ。そりゃそうだ^_^;。自然のものがジュースのように甘いわけがない。
ジュースを飲み終えた後は中のココナッツミルクをスプーンですくって食べるのだけれども、こちらもイマイチだったそう。

ここまで高速第450円。
お菓子ヤシの実ジュース他1,750円。




次に向かったのは『森のガラス館』
綺麗な琉球ガラスを観に行った、わけではない。


実は去年ここで食べたぜんざいが美味しかったので、今年も食べに行った。

そうしたら、店は改装してるは去年いたおじさんはいないは、ぜんざいも大して美味しくない・・・。多分違う人の経営になったのだろう。そりゃ一年もすれば変わるかもしれない。残念だ。

仕方がないので琉球ガラスの一輪挿しでも買っていく。

ぜんざい他、1,100円。
一輪挿し×2で2,362円。





琉宮城蝶々園に向かう途中にある沖縄そばの『八重善』。ネットでチョコチョコ名前を見ていた店で、たまたま見つけたので入ってみた。

手前が僕のてびちそば、奥は奥さんの三枚肉そば。スープの色を見れば分かるように見て分かるように非常に薄味。沖縄そばの出汁はかつおと豚骨でとることが多いようだ。ここのスープも魚介系が良く利いていて、豚骨はコクを出す程度に抑えられている。僕が食べた沖縄そばの中では一番僕の好み。美味しい。てびちも上品で美味しい味付け。こりゃ結構。
昨日のなじみ食堂と比べると随分上品だ。比べるのも気の毒なくらいだ^_^;。

4人分で2,370円也。味も良いが、やはり値段も良い。なじみ食堂も良い、この八重善も良い。




沖縄そば後琉宮城蝶々園



ここは景色が良い。太平洋に接したところにあるのだが、ちょっと高いところからの眺めは絶景だった。もちろん天気が良かった幸運のおかげでもあるのだが・・・。

そして蝶々の数が半端でなくいっぱい飛んでいる。赤い帽子に蝶は寄ってくるらしい。僕はガムを噛んでいたのだが、ガムの甘い匂いにもたかるようだ。蝶が僕の口に突進してきた^_^;。えらい僕に蝶がたかってくるから、僕が好きなのかなと思ったりした^_^;。よく考えてみれば、ガムの匂いにたかっただけだろうな。

結局ここでは一円も使わず。別に欲しいものもなかったし・・・。




さて本部の先まで来たからには『きしもと食堂』『新垣ぜんざい』に行かないわけにはいかない。沖縄そばとぜんざいの超有名店だ。
さっき食べた沖縄そばは忘れて^_^;、行ってみた。


ここは沖縄そばとじゅーしぃという炊き込みご飯風のご飯だけのメニュー。他には何もない。潔いメニュー。そのじゅーしぃも茶碗につげばいいのにという色気のないもの・・・^_^;。

見てもらえば分かるように味は濃い目。さっきが京風ならこちらは田舎料理といったところか。不味くはない。不味くはないのだが、さっきの八重善のほうが僕の好みだったので、その直後に食べたのでは厳しくなる^_^;。
ま、好みは人それぞれ、ここが好きな人もいっぱいいるだろう。合格点の店ではある。お腹をすかせていったら美味かっただろうな・・・。

沖縄そばの大×2、小×2、じゅーしぃ×1で2,300円。


『新垣ぜんざい』はこの店の近くのはずだが、近くを探してもない。『きしもと食堂』で聞いてみる。すると現在改装中とのことで、7月くらいに開店するらしい。ぜんざいでは一番楽しみにしてたのに・・・(ToT)。
もう一軒『山原そば』という沖縄そば屋さんも休みだった。ここが沖縄そばで一番楽しみにしていた店。八重善の通りにあるそば屋さんなのだが、日月火水と滞在するのだが、ここは何と月火と定休日らしい。今年は絶対食べられない。無理だ。ここを一番楽しみにしていたのに・・・。
これは来年も沖縄に行くしかない!!!!





半島の先っぽから半島の根元に戻る山道(八重善とかの沖縄そば屋さんも多い道)に何軒かフルーツ屋さんがあったりする。ここも結構安いと思う。高いところもあるのかもしれないが、去年もここで買って、ここは安いと思う。ここの名前は知らない・・・。

去年はかなり年のいったおばあちゃんだったが、今年は若いおばさんだった。あのおばあちゃんは元気だろうか、心配だ。一年も経つのだから、変わっても当たり前といえば当たり前。お元気ならいいが・・・。

ここでは滞在中にホテルで食べるために買う。ただホテルの部屋で同じ果物ばかり一袋も食べることが出来ないので、いろんな種類を一袋に入れてもらう。この日はシークァーサーとタンカンとパッションフルーツを写真の袋いっぱいに入れて1,000円。去年はおばあちゃんが自分で色々と組み合わせて入れてくれた。今年は無理かなと思いつつお願いしたら気持ちよくミックスしてくれた。

シークァーサーは時期はずれだと思うのだが(僕たちが行ったのは4月)、数ヶ月貯蔵したであろうシークァーサーは甘くなっていて美味しい。ミカンは保存すると酸味が抜けて甘く感じるようになるらしい。シークァーサーも同じだろう。この時期に沖縄に行く人は見かけたらぜひ食べることをお勧めする。




次は半島の付け根にあるナゴパラダイス

ええっとね、寂れています。寂れ方にも限度があります。酷すぎです。10分で出てきてしまったので写真もなし。入園料はサービスだったので文句はありませんけどね・・・。




ナゴパラダイスからホテルに帰る途中に去年食べて美味しかった『なかむらそば』を発見。お腹はいっぱいだったが、一応入った(^^ゞ。


僕はアーサそば。前にいった二店が美味しかったからか、お腹が膨れているからか、今年はいまいち。アーサの風味は良いが、スープがいまいち。食べ比べると前の二店が美味いというのが引き立つ。
ただ、ここが最後に食べたせいかもしれない。基本的にはお腹をすかせて行くのが礼儀だよなぁ。お腹いっぱいで批判を書くな!ってことですよね(^^ゞ。
でもここ(沖縄)まで折角来たんだから、食べられるうちに食べとくかとついつい無理してしまう。沖縄そば、美味しいしね・・・。同じようにぜんざいも目に付いたら食べてしまう・・・(^^ゞ。

娘はじゅーしぃまで食べて〆て2,500円。よく食う娘だ。




ホテルに着いたら部屋から見える夕焼け。流石サンセットビーチ、名前だけじゃない。



夜こばらがすいた(え?^_^;)ので、アメリカンビレッジまで歩き。このあたりが非常に便利。思い立ったらすぐ繁華街。

去年宿泊した『残波ロイヤルホテル』の周りにはサトウキビ畑しかなかった。いや、本当に。どこかで遊ぼうとしたら、車で行くしかなかった。これが面倒で夜はホテルに閉じこもりだった。

今年のホテルの前にはジャスコがあるは、アメリカンビレッジがあるは・・・。夜も遊ぶのにストレスなく遊べて便利なホテルである。


服とかは観光スポットだけに少し高め。
ここでもぜんざいを食べたりウィンドーショッピングをしながらブラブラ。目標はタコスが美味しいらしいカフェ。自宅のネットで探していた店。

ウロウロしていたら、そのカフェは観覧車の下あたりにあった。奥さんが美味しいタコスが食べたいと言っていたのでアメリカンビレッジの近くで探していたのだ。僕はソルティージャとか言うのを食べてみたが、美味かった。タコスも美味かったらしい。
子供たちもタコスを食べて、ぜんざいその他で2,410円。


ケチケチ旅行と言いながら、食べるものには遠慮なくお金をかけています。それでも安い、沖縄は。安いけど美味い、沖縄は。
それにしても食べ過ぎ・・・(^^ゞ。

この日の支出16,242円。    

 前編へ      中編へ     後編へ      メニューへ








メニューがない時はこちら